忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
現在、需要が不足しております。
[12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ハルバル
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蕎麦の素朴さ、田舎臭さ、土臭さを味わうには玄蕎麦を挽いたものを打って、

湯盛り(釜揚げ)でいただくのがよかろう。



粗い粉で打った、

きし麺のように幅広に切られてやや厚みがあるものがよさそうだ。






湯盛りではないけれども

温かい素朴な十割蕎麦を食べさせてくれそうな店を見つけた。



鶴岡市(旧羽黒町)にある山の蕎麦屋という店だ。



粉は100%自家栽培したもので、注文を受けてから打つという。





この店の豚そばが食べたいのだ。



もちろん、そねに盛られた冷たい蕎麦も食べたい。



盛りはよいのに値は張らない店のようだ。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


<< 日本一盛らない店HOMEブリッカというものを購入。 >>