忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
現在、需要が不足しております。
[1]  [2
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ハルバル
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



山形県は天童市の「冷たい肉そば扇屋」だ。


裏に駐車場有り。


店内に入るとカウンター席に座り、女将に「肉そば(冷)」を注文。






「肉そば(冷)」の大盛り。


特盛りが2玉でジャンボ盛りが3玉だったので、大盛りは1.5玉だと思われる。


大盛りでもかなり量は多い。


さすが山形!



そばは太めで機械打ちだと思う。


つゆは甘めで美味しい。


生たまごが合うはず。



鶏肉も味が染みていて美味しい。


親鳥だと思われる鶏肉は歯応えが強い。




肉そばと肉中華が一緒に味わえる「二色肉そば」というものもある。
PR


阿賀町(旧津川町)の次男坊亭のかやくうどん大盛りです。


550円(内大盛り料金100円)です。


小皿は薬味とかやく(かき揚げだったかな?)です。



手打ちうどんで茹で置きしない店なので出てくるまで15分程かかります。


450円のうどんを食べるのに15分待つという貴重な経験ができる店です。



かなりやわらかめのうどんです。


丸亀製麺など讃岐うどんが権勢をふるう昨今において貴重なやわらかいうどんです。


そして、だしがとても美味しいです。





食後のコーヒーはサービスだったような気がします。



ここの女将らしき人の接客が丁寧すぎるほど丁寧です。


うどんを持ってきた後に、

わざわざテーブルに置いてある割り箸入れから割り箸を取り出して差し出してくれます。


せっかちな私は事前に割り箸を取り出していたので割り箸が二本になりました。



昔、おにぎりセットか何かをテイクアウトしたことがあるのですが、

アルミホイルなどをたくさん使っていて、そんなに高いものではないのに

こんなに丁寧に包装や仕切りをしてくれるなんて!と恐縮してしまった記憶があります。


アルミホイル代を差し引いた利潤がどうなってしまうのか心配になるほどでした。



この日は食券の番号で250円引きが当たりました。


食券がそのまま次回以降の割引券となります(紛失してしまいましたorz)。



手打ちうどんがメインですが蕎麦もあります。


旧津川町に湧く琴平清水という湧水で打っているそうです。


他に重物(丼物)やカレーなどもあり、セットメニューもあります。


昔は店内で雑貨も売っていましたが今はどうでしょうか?


曖昧ですが山菜も売っていたような記憶が・・・。


黄金の里会館(旧村松町)の食堂の当店おすすめむぎきりセット(山菜天ぷら付き)です。


どういうわけか、山形県は庄内地方の名物の麦切り・・・なぜここに?





手打ちみたいです。


綺麗でツルツルでこしが強くてとても美味しかったです。


つゆも好みのものでした。





非常にマニアックな感じのする山菜天ぷら尽くし(山好き歓喜!)。


天狗の団扇のようなものや人参の葉に似たものとかあります。


丸っこいのは栗です。


姫竹の子らしきものには香りのある葉が巻かれておりました。

餅なんかで食べたことのある香りでしたので、桜の葉か何かでございましょうか。





*画像はクリックすると大きくなります。


蕎麦は地元のものを手打ちにしたようです。




舞茸ごはんも食べたいなぁ・・・。


竹の子ごはん(春のみ)もきっと美味しいでしょう。





ふきのとうのおひたしと日本酒なんて良さそうです。





また、かたくりの酢の物なんてマニアックそうなものがありますね。




営業時間は9:00~17:00


休館日は毎週水曜日(ただし祝祭日は営業)


開設期間は4月1日~11月30日(冬期間の12~3月末の間は営業休止)




豊栄某所・・・。



かけそばにはやっぱり・・・



ブラックペッパーですよね!



前から行きたいと思っていた山の蕎麦屋。














めちゃくちゃ和む店内。







メニュー。


肉そばは元は豚そばだったと思われる。








その肉そばを注文。





何年か前に発行されたそば本には、肉は「高品質庄内豚」のバラ肉と書かれている。


今でも「高品質庄内豚」なのか、とろとろで美味しかった。



昔と肉の形状を変えたみたいだ。





自家栽培、自家製粉で、注文を受けてから打つ蕎麦。


かなり太い蕎麦。


むしゃむしゃ食べる蕎麦って感じ。


主食!って感じのする蕎麦。



洗練とは真逆の蕎麦。


細打ちのつるつるとした綺麗な蕎麦を求める人には合わないと思うけど、

そうそうこのような蕎麦を出してくれる店はないので貴重な店だと思う。



上述のそば本には11月中旬から新そばが始まると書いている。


新そばになったら冷たい板そばを食べたい。





糸こんにゃくと人参とたらこの煮物。





あっさりとした漬け物が美味しい。














店内から望める風景。




なぜか懐かしい気分になった。




HOME次のページ >>