忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
現在、需要が不足しております。
[29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [23]  [24]  [21]  [20]  [19]  [18
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ハルバル
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



この奥だそうです・・・。


だが、隣の土曜すっぽんラーメン半額が気になる。


何かとセレブリティックなすっぽんラーメンが600円で味わえる。


非常に魅惑的だ・・・。









それに負けじと奥の路地も魅惑的・・・。


怪しい・・・。









とんかつヒロ到着。









昼定食のカツ丼定食550円。


酢のもの、御新香と味噌汁付きでこの値段・・・

ボリュームもあり、新潟たれカツ正統の中では破格と言えよう。


もやしと人参の味噌汁(味噌汁に人参とは珍しい)はどこか洋風な味わいがあり濃い目。



昼定食は他に、

一口カツ定食、チキンカツ定食、魚フライ定食、串カツ定食があり全て550円。









カツの色が黒いのは、たれの色というより揚げ油由来であろうか?


やや油の香りが強いものの、たれの味はすこぶる好みのものなり。


甘辛い濃い目の味だ。


自分には丁度良い甘さだ。



今までたれカツというものが丼である必要性に疑問を抱いていたが、

このたれカツ丼を食べたらその疑問は一瞬で晴れた。


米とカツがたれによって結ばれている。


ギュッと詰めた感じの米にたれが染み渡り、なるほどと思った。


こういう食べ物はふんわりよそっちゃ駄目なのだ。


軽く上から押さえた米に汁気が染み渡ってゆく、それが旨いのだ。


そもそも丼というものは、内容の詰まったものを豪快に食らうのが旨いのだろう。



いやはや、たれカツに目覚めてしまった・・・。


だが、今のところ、ここ以外でリピートしたいと思う店はない。


他は値段も高すぎる。









昼にこの店へ行くなら早い時間がよいと思う。


遅く行くと作ってもらえない場合がありそうだ。



ところで食べログ情報によれば、ここの主人が新潟たれカツ丼の考案者だということだ。


修行先で考案したとか・・・。


であるならば、その修行先はとんかつ太郎に相違なかろう。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


<< らーめんライスの真っ黒な深み。HOME蒼い山の伝説。 >>