忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
現在、需要が不足しております。
[101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ハルバル
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

焼き鳥における「ねぎま」「肉ねぎ」「ねぎ肉」の違いと定義について記す。



「ねぎま」とは、ねぎと肉が交互に刺さっており、

串の一番先のタネが肉で最後のタネも肉のものをいう。


「肉ねぎ」とは、ねぎと肉が交互に刺さっており、

串の一番先のタネが肉で最後のタネがねぎのものをいう。


「ねぎ肉」とは、ねぎと肉が交互に刺さっており、

串の一番先のタネがねぎで最後のタネが肉のものをいう。



「ねぎ肉」はたぶん、見たことがない。


「ねぎ肉」を見かけたら教えてほしい。



ちなみに、私は「ねぎま」「肉ねぎ」「ねぎ肉」の中では「肉ねぎ」が好きである。


タネは肉とねぎを一緒に食えるくらいの小さめのものが美味しい

(ねぎ肉だけではなく、焼き鳥は全般的にタネが小さめのものが好きだが)。



断っておくが、

上述した「ねぎま」「肉ねぎ」「ねぎ肉」の違いと定義は私の個人的な考えであり、

世間一般ではまったく通用しないものである。


つまり、私が勝手に考えた定義であるということだ。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


<< 五泉の山奥で麦切り。HOME濃厚なあっさり系。 >>