忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
現在、需要が不足しております。
[55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ハルバル
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



噂のきどりらーめんに来ました。


「噂のきどりらーめん」という店名ではありません。


店名は「きどりらーめん」です。


ちょっと噂になっていたので文頭に「噂の」を付けただけですのでお間違えなく。



江南区じゃなくて東区だよ~(ホームページより)。









きどりらーめん(650円)です。


白みそベースの鶏白湯スープで、かなりの粘度系です。


粘度は天下一品のこっさりくらいでしょうか。


天下一品の影響を受けているように思いますが、

無化調で鶏100%のスープなためか、味噌の風味の際立ったシンプルな味わいです。


「こってり風に見えますが、味はあっさり」というのも頷けます。


というますか、これぞこっさりと言うべきラーメンかもしれません。


天下一品のこっさりよりこっさりな感じ。


まろやかで濃厚な鶏の炊き出しスープに

キリリとした白みそだれを合わせた味わいはなかなか個性的だと思います。



ラーメンはこれ一品だけなので選択肢はありません。


追加とっぴんぐは色々とあります。


鶏そぼろ(たぶん甘いみそ味)、ほうれん草、ねぎ、温玉・・・各50円。


注)画像のものは追加トッピングはしていません。



それからテーブルには七味、こしょう、ガーリックパウダー、カレー粉と

味の調整用の味噌だれが置いてあります。


スパイスはS&B社製で統一という店側のこだわりを見逃してはいけません。


さらに調味料は持ち込みOKという寛容さ!


大海原のような心の広さ!



ラーメンには化学調味料必須という人が

味の素やハイミー等を持参するのもありということだと思います。



たっぷりの化学調味料をこういった動物系の濃厚粘度系スープと合わせると

凄まじい中毒性を発生させるのではなかろうかと思っているのですがどうでしょうか?


以前、竹岡式ニボシ(軽く取った煮干しスープ)を作ったらとても美味しく、

さらに美味しくなるのだろうと思い化学調味料を加えてみたら

明らかに変な味になって不味くなりました。


だしが薄いと化学調味料の味が勝り過ぎてしまうのだと思われます。


この時以来、化学調味料を足りない旨味をカバーするために加えるという考えは

間違いではなかろうかと思うようになりました。


化学調味料というものはラーメンの場合、足りない旨味をカバーする使い方よりも

旨味成分の相乗効果を狙って使用するのが本当ではないでしょうか?







ご飯半分(50円)もオーダー。


半分でもけっこうな量です。


ご飯ひとつ注文の場合はスープをたくさん残しておいたほうがよいかも。



ご飯をスープの中に入れておぞうすいにして完食いたしました。



スープに色々スパイスを加えてみましたが、

自分には何も入れないのが一番美味しく思えました。



非常に丁寧に作られているラーメンです。


思わず「丁寧だよ!」というあだ名を付けてあげたくなりました。



コラーゲンたっぷりヘルシーな美味しいラーメンを提供してくださる

大変稀少なポイント(場所)であると思いました。



最後に麺のことも・・・。


麺は黄色っぽい細麺でねっとりスープがよく絡み、組み合わせの妙を感じさせられました。


麺の替え玉もありますが替えスープもありますので心行くまで食べられます。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


<< 食堂でざるそばでござる。HOME唐揚げにはうまかライスが合う >>