忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
現在、需要が不足しております。
[8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ハルバル
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私が兼ねてより興味を抱いているラーメン形式の一つに竹岡式というものがある。


竹岡式のスープは基本的に、まず豚肉を醤油で煮る、

その煮汁をたれとして使い、後はお湯を注ぐだけである。



さて、私はこの竹岡式に倣い、豚バラブロックを濃口醤油のみで煮て煮豚を仕上げ、

その煮汁(一度冷して上面に固まった脂を取り除いたもの)と

お湯(麺の茹で汁ではない)を合わせたスープのラーメンを作ってみた。


最初は麺はマルタイの棒ラーメンを使用した。


具は上述の煮豚と長葱だけである。


これでもそこそこいける。


麺を手延ひやむぎや細うどん(どちらも乾麺)に代えたらもっと美味しかった。


スライスした煮豚が美味しいので、だしが少々薄くてもよいのだ。


とはいうものの、スープは弱いことは弱い。



そこで救世主が現れた!



その存在とは蕎麦なのだ!




蕎麦をスープに浸すと、その風味、甘味、香りがスープに溶け込んで、

これがほどよくスープの薄さをカバーし、とても美味しく食後もスッキリのままだ。



蕎麦は風味が強く、甘味があり、水に溶け出しやすいので、茹でて湯切りした麺を

綺麗なお湯で割ったスープと合わせるだけで十分に美味しいのだろう。



ラーメン丼を使えば見た目はラーメンだし、蕎麦中華とでも命名しておこうか。


基本的に中華そばより美味しいと思う。



和風の丼を使えば肉蕎麦でよいだろう。



ちなみに蕎麦は乾麺を使った。


茹でて湯切りするだけなので、表記された時間より短く茹でたほうがよいと思う。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


<< オニオンスライスの巻HOME初めておかゆを作った。 >>