忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
現在、需要が不足しております。
[32]  [31]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [23]  [24]  [21]  [20
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ハルバル
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



とんかつ政ちゃんの

ミニロースかつ定食(肉は国内産最高級ロースで110gだということです)です。


またまた半額デーに食べました(たったの530円です)。


みそ汁とごはんは一回ずつおかわりしました(もちろん無料)。


みそ汁は甘くてダシが効いているものでした。


タレかつ丼もかなり甘かったし、きっと政ちゃんは甘党なんでしょうね。









タレかつ丼の肉と同様に噛むと豚の香りが口の中に広がります。


この香りはネガティブな物言いをすれば臭みですが、

裏を返せばコクのある味わい深い肉だということでしょう。


しかし、苦手な人は苦手でしょうね。


個人的にもどちらかと言えば苦手です(まぁ、普通に美味しく食べましたが)。


ですが、この香りが和芥子と濃厚なソースと調和されて丁度良いのだと思います。



肉の色がタレかつ丼のものは薄桃色でしたが、これは普通に白かったです。






とんかつ政ちゃん系のとんかつ屋に行ったのは三枚かつ丼を食べた時、

二度目で非常に久しぶりでした。


すごーく昔にとんかつみっちゃんに一度だけ足を運んだのですがそれ以来です。


あの時は定食を食べましたが、

ナイフとフォーク付きで切られていないとんかつが来て驚いたものです。


とんかつをフォークで刺してナイフで切って食べる方式だったのです。


豚肉とは思えないほど力を入れなくても綺麗に切れてさらに驚いた記憶があります。


ただし、如何せん昔日のことなので記憶は誇張されているかもしれません。






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


<< 素のままで完食したい。HOMEらーめんライスの真っ黒な深み。 >>